旅行業務取扱管理者とは

旅行業界で活躍することを望むなら、「旅行業務取扱管理者」の資格取得は必須です。
それ以外にも、何よりも旅行が大好きという方にとって、自分の旅をコーディネートするために必要な知識を入手するためにもこのカリキュラムは大きな助けになります。
旅行業務取扱管理者は、旅行に関係するものの中で唯一の国家資格で、資格を持っているということは、旅に関する深い知識と実際的な知恵を有していることの証しとなります。
この資格は1度取得すればずっと有効ですし、日本全国どこでも役に立ちます。
家族の必要に伴って引っ越すとしても、行った先でも財産として役立てることができます。
競争が厳しい旅行業界ですが、資格を取って経験を積んでいくことで独立開業も視野に入れることが可能です。

旅行業務取扱管理者は、旅行に関係する事柄全般を扱うことができます。
旅をプロデュースする段階から、実行に移すための手配や交渉、旅程を立てて実際に同行するなど、幅広い業務をこなすことができます。
ツアーなどに申し込まれるお客さんと共に感動体験をすることができるのもこの仕事の醍醐味です。
この資格は2つにわかれており、国内を専門に扱う「国内旅行業務取扱管理者」と、国内だけではなく海外も取り扱える「総合旅行業務取扱管理者」があります。
年齢や学歴、実務経験などによって受験資格が定められていることはありませんので、どのタイミングでも希望すれば合格を目指して受験することができます。
旅行業界で唯一の国家資格である旅行業務取扱管理者は、最初の一歩として是非とも取得したい資格です。


旅行業務取扱管理者に独学で合格する方法ならこちらのサイトがオススメ!
旅行業務取扱管理者を取って就職を考えるならこちらのサイトがオススメ!