RSS Feed
  1. アートメイクはデザイン力も高い親身な対応の医療機関で

    2月 19, 2018 by author

    医療行為としてしっかり理解を

    アートメイクはファッションの一部として気軽に考える方も多いですが、海外と異なり、日本では医療行為とされ、美容皮膚科や美容外科などの医療機関のみに許された施術です。
    もっとも、かつては法令がなく、ルールも曖昧だったため、美容サロンでも受けることができました。
    お肌に関する専門知識のない担当者が肌に針を刺して色を入れていくため化膿したり、火傷跡のようになったり、アイラインを入れる際に目の角膜を損傷するなどのトラブルが増え、これを重く見た厚生労働省が2001年に医療機関以外では施術してはならないとガイドラインを出しました。
    それでもトラブルは少なからず起こっており、2006年から2011年までの6年間で国民生活センターによせられただけで、トラブル件数は121件にのぼっています。
    トラブルの半分以上が腫れや赤み、化膿といった皮膚トラブルで、アイブロウの施術でマユが化膿してしまい、別の皮膚科に行ったら針や色素に問題があると診断を受けたケースや、施術中から痛みを感じたのにそのまま施術が行われ、眼科で診察を受けたところアイラインで角膜の損傷が生じたケース、施術後1週間以上経っても赤い腫れと激しい痛みが続いているケースをはじめ、デザインに関する悩みも寄せられています。
    たとえば、マユの位置やアイラインの線が左右で明らかに違っているという不満や、施術後にクレームを言ったが適切な対応を受けられないというトラブルも寄せられています。
    そのため、クリニックだから何処でもよいのではなく、専門性が高く実績が豊富で利用者からの信頼が厚く、万が一の皮膚トラブルの対応してくれる親切なところで、できればトラブル対処力の高い皮膚科の医師がいるところがより望ましいでしょう。

    専門性の高さとトラブル対処力

    現在の日本の制度ではアートメイクは医療機関で実施され、医師や看護師のみが安全に施術できるとされていますが安易に飛びつかず、専門性の高さと対応力からクリニック選びをしましょう。
    痛みについてですがハリによって皮膚に損傷を与える施術ですので、少なからず痛みは発生するため、痛いことイコール、トラブルではありません。
    皮膚の厚いマユを施術する際には麻酔クリームの塗布で痛みの軽減ができるほか、医療機関だからこそ、痛みを感じる神経を遮断してしまう局所麻酔も可能で局所麻酔をすれば、施術中の痛みはもちろん、施術の触覚すら感じることはありません。
    高い専門性と技術があれば、100%問題がないかといえば、人の体質や肌質は違うため、100%の安全性はどのクリニックでも保証はありません。
    多少の腫れや赤みはもちろん、施術によって突然、色素やハリの金属に反応してアレルギーが発生して化膿や軽度のヤケドが起こる場合はあり得ます。
    もっとも、皮膚科であればトラブル対応がスムーズで、直ぐに専門の薬剤なども処方してもらえます。
    経験を積んだベテランの医師ほどトラブルにもしっかり対応できるノウハウを持っているため、やはり経験が長い方のほうが安心です。
    持続期間は使用する色素や施術方法によっても変わってきますが平均で2年から3年、長くて3年~5年ほどとなり、次第に薄くなっていくため、数年に一度のメンテナンスで持続性を高められます。
    そのため、一度の施術ではなく、長いお付き合いができる信頼をおけるクリニック選びが求められます。

    デザイン力の高さや提案力をしっかりと確認

    メイクには時代によるトレンドのほか、その方の好みもあります。
    同じ方でもTPOやライフスタイル、年齢によって目指すメイクが変化していくため、施術者の好みでデザインを提案されたり、希望をあまり聞かずに短時間でカウンセリングが終わって流れ作業のように施術されるケースも少なからずあります。
    時を重ねても不満が生まれず、好みの変化や年齢を重ねてもアートメイクをベースにメイクで手直ししやすい、理想のデザインに仕上がるよう、カウンセリングに十分な時間を取ってくれ納得の提案が受けられるところを選びましょう。

     


  2. 失敗のないアートメイク施術と多彩な活用法

    2月 11, 2018 by author

    信頼できるクリニック選びを

    アートメイクは毎朝のメイク時間を短縮して忙しなさを軽減するなど、キャリアウーマンの方や子育て中の忙しいママをはじめ、昼も夜もなく働き続けることもあるフライトアテンダントやナースなどの職業の方、夜のお仕事をされている方などにも人気のほか、まゆ毛が薄くなってきた中高年世代にも注目を浴びています。
    皮膚にハリを刺して色を入れる施術は医療行為に該当するため、施術は美容外科や美容皮膚科などの医師がいるクリニックで受ける必要がありますが、メニューを提供しているクリニックなら何処でもいいわけではありません。
    というのは、医師の技術はもちろん、親身にデザインの相談に乗ってくれるかや、トレンドのメイクの理解やトレンドの変化や年齢の変化を見据えたデザインの提案ができるのか、さらにそのデザイン通りに仕上げてくれる技術があるのかや、どのようなマシンや手技で施術を行うかも違いがあり、その違いで出来上がりのイメージが大きく左右されることがあるためです。
    初めてする際には腫れたり、赤くなったりしないかや、施術後直ぐに仕事に行けるのかなど気になることも多いかもしれません。
    施術においてはどうしても多少の赤みや部位によっては腫れも出るものですが、最新のデジタルマシンを使うと、皮膚の極々浅い層にのみ色素を入れることができるため、出血や血がにじむこともなく、腫れもほとんどないと言われています。
    そのため、クリニック選びの際にはどんなマシンを導入しているのか、最新の高性能機種かも確認しましょう。
    もっとも、いかに最新のマシンを使用していても、医師や看護師の経験が浅く使いこなせないケースや、デザインセンスがない場合もありますので、実績が豊富かやデザイン力があるかも、過去の症例やサンプル画像などを見て確認するとともに、カウンセリング時にもしっかりとチェックしましょう。
    デザインの勉強をしている医師や看護師もいる反面、その方自身の顔の印象やメイクの仕方でこれは違うと思ったら施術は依頼しないほうが賢明です。

    神成美容外科なら自分らしい表情も思いのままhttps://tattoo-kobe.jp/

    化学療法前のアートメイクの活用

    アートメイクは医療ケアの1つとして乳がんによる乳房切除後の乳房再建時の乳輪形成や、化学療法などで薄毛になった場合の透けた頭皮のカムフラージュなどにも活用ができます。
    また、最近ではがん治療による化学療法を受ける前に心のケアを兼ねた提案がなされています。
    化学療法を受けると髪の毛が抜けるといった話はよく知られていますが、それはマユ毛にも及び、マユ毛も薄くなったりなくなることがあります。
    辛い闘病生活に加えて髪やマユが抜け落ちるとなれば、特に女性の患者さんは気持ちまでふさぎ込んでしまうことが少なくありません。
    化学療法前に落ちないメイクとしてアイブロウを入れておくと、鏡に映った自分の顔に安心ができ、気持ちが前向きになって治療を乗り切るパワーも湧いてくることから、医療アートメイク学会でも化学療法前の施術を推奨しています。

    ホクロの形成もアートメイクで

    美容外科や美容皮膚科でホクロの治療といえば、レーザー治療や手術による除去がイメージされますが、逆にアートメイクでホクロを作る施術も行われています。
    大人の色香や女性らしさを求めて、目元の泣きぼくろ、口元の艶ぼくろなどに憧れて相談される方も増えています。
    中にはアイライナーなどのメイクでホクロを描いている方もいるほどで、ホクロがあるタレントさんや女優さんのようなチャームポイントが欲しい、セクシーな女性になりたい方にアートメイクはおすすめです。
    ホクロの形成施術後は洗顔は当日は拭き取りのみに留め、翌日から洗顔もメイクも普通にできるようになります。
    ただし、施術後1週間は朝・昼・晩・就寝前の1日4回にワセリンの塗布が必要になります。
    ワセリンを塗ることで施術部位の乾燥を防いで、色素の定着をスムーズにできます。


  3. メイクだけではない気になる部分のケアにもアートメイク

    2月 3, 2018 by author

    乳がんリスクが高い女性の乳がん克服後の希望につなげるために

    日本人女性の12人に1人が乳がんに罹患すると言われており、近年では有名タレントさんの乳がん告白や手術の報告、残念ながら若く亡くなられ世間に衝撃を与えるケースも少なくありません。
    医療技術の進歩や早期発見・早期利用をすることで早期の死亡を避けられたとしても、残念ながら乳房の切除手術により、女性のシンボルでもある乳房を失って辛い思いをされる方もいらしゃいます。
    命には替えられないとはいえ、がんを克服して女性として生きていくうえで、乳房を失った悲しみは耐え難いものがあります。
    その悲しみをカバーするために乳房再建術などもできるようになっていますが、部分切除で乳輪が消えてしまったり、乳房再建によってもキレイな乳輪ができない場合をはじめ、他の疾患によって乳輪が消えてしまった場合には、アートメイクで乳輪を作りあげることが可能です。
    これから恋愛をしたい方や、友達と楽しく温泉旅行に行きたい、お子様に変わった姿を見せたくないなど様々な想いで乳輪の復活を希望される方に、美容皮膚科や美容整形外科のドクターが相談にのってくださいます。
    色を入れていく一種のカモフラージュにはなりますが、乳輪がないことでコンプレックスを感じたり、女性らしさを失ったようで気持ちが沈んでいるより、せっかくがんを克服して助かった命を気持ちも楽しく歩んでいけるように、相談してみるのもおすすめです。

    医療アートメイクの相談と施術の流れ

    マユやアイライン、リップなどのアートメイクとは異なり、より高度な技術や豊富な経験が必要になり、患者様の心にも配慮した親身な対応をしてもらえる医療向けの形成アートメイクやパラメディカルアートメイクを行っているクリニックに相談に行ってみましょう。
    診察・カウンセリングではドクターが患者様のお悩みや気になる部分のお肌の状態などを診察してくれ、どのような状態を目指したいのか親身に相談に乗ってくれます。
    ご希望をお伺いいたします。
    その上で最適な施術方法やデザインをご提案いたします。
    乳輪は色がはっきりとは出にくいパーツになりますが、その分、自然な仕上がりが期待でき、全くなくなってしまった状態から、乳がん手術前に近い状態が蘇ってきます。
    施術はその部分に塗る麻酔や局部麻酔を行って、色を入れる際に刺すニードルの痛みや刺激を感じにくいようにします。
    それでもかすかな痛みを感じるため、全く分からない状態で行いたい方には静脈内鎮静法など眠った状態で治療できるケースもあります。
    乳がんの手術後に服用している薬がある場合や、治療を継続している場合には麻酔が打てない場合や避けたほうがよい場合もあるため、治療状態の申告もしっかりと行い安全な環境で施術を受けるようにしましょう。
    施術はデジタルマシンを用いるケースのほか、医師や専門の看護師がハンドで丁寧に行ってくれます。
    技法や肌質などにもよりますが、30分程度で終了します。
    施術後は感染予防や施術箇所の痛みの軽減のために抗生剤入りの軟膏が塗布され、必要に応じて内服薬や外用薬を処方されることもあります。
    乳輪は1回では色が入りにくく、色を出して定着率を高めるために、2回~3回に分けて仕上げることが一般的です。
    複数回にわたって徐々に色を入れることで、よりナチュラルな仕上がりとなり、持続性も高まります。
    そのため、肌のターンオーバーを踏まえて、1回目の施術からおよそ1か月後に2回目の施術の予約を入れるようにしましょう。

     

    相談できる医療機関

    アートメイクは美容系のクリニックで対応していることが多いですが、どのクリニックでも対応しているわけではありません。
    さらに乳輪の形成をサポートしてくれるクリニックは限られるので、インターネットなどで検索して実績豊富なクリニックとドクターを探しましょう。


  4. 男性にもおすすめのアートメイク

    1月 27, 2018 by author

    マユをキリっと凛々しく

    アートメイクというと女性がお洒落でするものと思われがちですが、実は男性でも利用する方が増えています。
    男性も最近はメイクをしたり、マユや爪を整えるためにサロンに通う方が増えています。
    顔の印象で6割が決まるなどと言われるくらい、整った顔立ちや清潔感あふれる顔立ち、強面ではないソフトな印象や親しみやすさは重要なカギを握っています。
    お顔から伝わる印象は就活や転職活動での面接時の第一印象に影響を与えて選考や採用を左右することもあるほか、接客業や営業職、講師職など人前に出るお仕事や人と接するお仕事でも大きな影響を与えます。
    さらには最近ではお子様のお受験での両親面接などにもお顔の印象が重要なカギを握ってくることもあります。
    お顔の中でも目元の印象は人がらなどをイメージさせることがあり、重要なパーツとなっています。
    眉毛がボサボサ、太すぎる、長すぎる、短いといった方や、マユや目元が吊り上がっていて初対面の方に怖いと言われるといった方もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
    男性の場合、女性と違って日頃からメイクの習慣がない方が多く、ヒゲは剃ってもマユを整える行為をしたことがない、できないという方も少なくありません。
    マユを細く美しくして男前になったり、優しい印象を与えて親しみやすさや相談しやすさを与えたり、人から信頼される凛々しい印象にアートメイクで仕上げてもらいましょう。

    ヒゲをデザインすることも

    アートメイクの代表例は女性のポイントメイクの代表パーツであるアイブロウ、アイライン、リップと稀にアイシャドウですが、実はヒゲのデザインも可能です。
    ヒゲの形成には生やしたくない部分を脱毛してデザインをキレイに保つという方法もありますが、地毛で生やしていく必要があります。
    長い口ひげなどを目指したい場合は別として、ちょっとお洒落程度につけたいということであれば、脱毛と同じニードルの技術を使って色を入れていく方法や、パウダー法やグラデーション法や3D法といった最新の技術を用いて、本当にヒゲが生えているように自然に見えるデザインなども可能です。
    ヒゲの施術をしてくれるかはクリニックによって異なりますが、ボディの傷跡隠しや薄毛ケア向けの形成アートメイクやパラメディカルメイクに対応している高い技術のあるクリニックなら相談に乗ってくれることが期待できます。

    薄毛のカムフラージュにも

    男性は薄毛で悩む方が多く、年齢を重ねるほどに薄くなる方や生活習慣の乱れやストレスなどで若くして薄毛や禿になったり、一部分だけの円形脱毛症などで悩まされる方も少なくありません。
    薄毛のケアには育毛シャンプーや育毛剤の使用やウィッグやかつらをはじめ、植毛など様々な対処法があります。
    それだけでは上手くいかないという方や、費用的に植毛は難しいという方、かつらがとれたり、ずれることを不安に思われてチャレンジできない方や、人知れずカバーしたいという方には、アートメイクによる薄毛対策も1つの選択肢になるかもしれません。
    あくまでも毛が生えてきたリ、増えるものではなく、皮膚に毛を描くことで生えているように見せたり、頭皮が丸見えになったり、透けて見える状態をカバーするにすぎません。
    ですが、それでも頭皮が直接露出した状態や頭皮が透けて見える状態よりは、コンプレックスも消え、安心して過ごせます。
    3年から5年程度で入れた色は薄れていくため、白髪になってきた段階で周囲の毛の色に合わせて色の入れ直しなどを検討することも可能です。
    薄毛のカムフラージュのための頭皮のパラメディカルケアも、美容向けの対応ではなくメディカル治療にも精通したクリニックに相談するとスムーズです。
    美容皮膚科などで相談してみましょう。

     


  5. 医療ケアにも用いられているアートメイクの意外な利用法

    1月 20, 2018 by author

    アートメイクは医療行為です

    アートメイクは皮膚の表面に針を入れて色を刺し込んでいき、水に濡れてもお風呂に入っても落ちないようにお顔にデザインを入れたり、傷跡のカバーなどにも活用できる技術です。
    永久に色落ちしないわけではなく、3年から5年程度で色あせてはいきますが、完全に落ちるわけではなく、うっすら跡が残ります。
    そのため、常に理想の状態をキープしたい場合には場所や入れ方に合わせて1年から2年ごとに入れ直しやメンテナンスが必要になります。
    マシンを用いて専用の使い捨てで安心のニードルを刺していきますが、お肌の柔らかな部分や唇などの粘膜に刺すため、痛みが生じます。
    痛みを感じずに安心して受けられるよう、医療機関で麻酔を使って受けるのが基本です。
    ハリを皮膚に打つことで少なからずお肌への刺激があるとともに、麻酔を打つことで体に合わずに気分が悪くなるケースや、持病がある方や飲んでいる薬によっては麻酔ができない場合があります。

     

    アートメイクを控えたほうがいい方や相談が必要な方

    そのため、アートメイクの施術を受ける際には場合によっては施術を控えたほうがいい方や、施術を受けられない方もいるため、以下のようなケースや予定がある場合には施術を受ける前にしっかりと相談し、医師の判断を仰ぎましょう。
    日焼け直後の場合や、施術後に海水浴の予定があるなど日焼けする方は皮膚への刺激が強いため避けたほうが無難です。
    施術を希望する箇所に炎症や皮膚疾患がある方や、ニキビの治療をされている方も必ず相談しましょう。
    アスピリンなどの薬を服用中の方や服用されている方は施術や麻酔によって体調に影響が出る場合がありますので、薬の種類を問わず、薬を飲んでいる場合には医師に申告しましょう。
    ケロイド体質の方は炎症が起こるリスクがあり、金属アレルギーの方は金属のハリが合わず炎症を起こしたり、キレイに入らない場合があります。
    また使用する色素にアレルギーがある場合も施術にリスクがありますので、アレルギー体質の方は事前にパッチテストを受けるなどの予防対策が求められます。
    妊娠中や授乳中の方は麻酔が打てず、万が一、胎児や赤ちゃんに影響を与えるといけませんので控えましょう。
    また、ヘルペスウイルスの保持者や感染症などの疾患をお持ちの場合、発症リスクや感染リスクを高めますので気をつけなければなりません。

    気になる部分にアートメイク

    アートメイクの技術はすっぴんをカバーしたい、お化粧の手間を省いて常にお顔をキレイにしておきたいといったお洒落や日常の利便性を追求するニーズに使われるだけでなく、医療補助としても活用されています。
    もともと、医師や医師の管理のもとで専門技術のある看護師のみしかできない施術なので、その技術と専門知識を生かして、美容皮膚科や美容整形外科などでボディの気になる部分やコンプレックスの解決や傷跡のカバーに用いられています。
    たとえば、気になる傷跡や手術痕を隠したり、お肌の白斑症のカバーや男性の薄毛のカバーにも用いることができます。
    頭皮のパラメディカルは薄毛治療の一環として行われ、自毛植毛をしても頭皮が透けてみえてしまったり、自毛植毛後の傷跡が気になる方、交通事故などで頭部にケガを負って手術の痕が残っているという方や、フェイスリフトをはじめ、手術後の頭皮の傷跡をカバーすることができます。
    薄毛が気になる部位や傷跡に色素でふんわりと見える毛髪を再現して、薄毛のカモフラージュや傷跡のカバーができます。
    大掛かりな手術をすることなく頭皮の傷跡を見えなくしたり、薄くなりはじめた分け目を部分的にカバーできて便利なうえ、植毛後の密度補強も可能です。
    薄毛治療をしたのに効果が出にくいケース補助的に利用もでき、ウィッグやかつらのように取れる心配もないので安心できます。
    白斑の医療補助アートメイクは、一般的な白斑治療ではどうしても改善しない場合の補助手段として選択される方がいます。
    白斑そのものを治療するのではなく、白斑部に周辺の肌色に色素を入れることで、白斑を目立たなくしカムフラージュする方法となります。
    レーザー治療と比較し短期間で治療ができ、表皮移植に比べてコストも抑えられます。