旅行業務取扱管理者の難易度は?

旅行業務取扱管理者は、旅行業法の定めるところにしたがって旅を扱う営業所において、旅の企画立案から取引に関係すること、お客様への説明、旅行の実施に至るまで幅広い業務をこなす旅行業界のエキスパートです。
毎年秋に行われる試験に向けて多くの方が学習に励んでいます。
国家資格であるだけに、旅行業務取扱管理者の難易度はある程度覚悟しておかなければなりません。
2種類ある中の国内旅行業務取扱管理者の場合、合格率はだいたい3割から4割の間で推移しています。
一方、海外旅行も扱うことのできる総合では、合格率は下がって2割から3割の間になっています。
国内に限定されている場合、総合に比べると学習量が6割で済みますので、最初のステップとして国内にチャレンジし、その後総合へとステップアップする方たちも大勢います。
先に国内を取得することで、総合の試験の際には2科目免除されますので、スムーズに受験することが可能となります。
合格基準は、各受験科目において60%以上の正解であるべきなので、試験科目を総合的に学習する必要があります。

旅行業務取扱管理者の難易度は他の国家資格と同じく高いので、十分な学習時間を確保するだけではなく、効率の良い勉強法を採用することが合格へとより近づくための助けになります。
今までの試験問題を徹底的に分析し、試験に合格することを目指した無駄のない的確な学習を進めていくことで目標を達成できます。
法令や規則は絶えず変化していきますので、参考書などを用いて学習する場合には最新のものを使用するよう心がけてください。